【SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS レビュー】1万円以下でLDAC?弱点は?

カナル型のイヤホンを長時間使用していて、蒸れたり痛くなったりしたことはありませんか?

遮音性と臨場感を求めるあまり、イヤホンを装着すると耳への負担は少なからずあります。

そんな方にオススメしたいのは「インナーイヤー型」と呼ばれるイヤホンです。

???

つけ心地が軽いのはいいけど、臨場感や迫力に欠けるのでは?

その認識をされている方はSOUNDPEATSより発売されるAir3 Deluxe HSを検討してみてください。

インナーイヤー型で初のLDAC(いわゆるハイレゾ)に対応し、ド迫力の低音で音質も良好。

LDAC搭載で新品価格は1万円を切り、コスパもバツグンに高いです。

メーカー様からの提供品ですが、思ったことを素直にぶちまけます。

メリット
デメリット
  • 1万円以下でLDAC搭載
  • 耳が痛くならない
  • ド迫力の音質
  • バッテリー持ち良好
  • 指紋がめっちゃつく
  • 機能性がもう一歩
  • 専用アプリにもう少し充実感が欲しい
目次

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのスペック

まず特筆すべきは、この価格でLDACに対応していることでしょう。インナーイヤー型としては世界初の試みです。

着脱センサーが搭載されているので、イヤホンを耳から外すと自動的に再生・停止されるのが便利ですね。

当然ですが、インナーイヤー型なのでノイキャンや外音取り込みモードはナシ

専用アプリにも対応し、タップ操作やイコライザーの設定など、痒いところに手が届く仕様になっています。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの外観

表面はツルッとしていて光沢感があります。

指紋防止加工などはありませんので、画像の通り指紋が目立ちやすいですね。

表面にはペアリング用のボタンと、残バッテリーを表示するインジケーターがあります。

充電端子はお決まりのUSB-Cです。

ワイヤレス充電には対応していない点に注意してくださいね。

ケース裏面は金色の装飾にSOUNDPEATSの刻印があり、高級感を漂わせます。

個人的にこっちが表でもよかったのでは?と思えるほどオシャレですね。

イヤホン本体はマット調の樹脂で、タッチセンサー部分にはSOUNDPEATSのロゴがあります。

ケース含め黒と金で統一されているので、刺さる人には刺さるカラーリングですね。

左:SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS
右:EarFun Air S

Airという名を冠するとおり、ケースを含めた重量が非常に軽いです。

今年イチのコスパを誇るEarFun Air Sと比較した場合、約半分の薄さ。

ポケットに入れてもモッコリせず、違和感なく持ち運びができます。

ほとんどのTWSがケース込み50g程度なのに対して、30g台と非常に軽量。

例えるならば100円玉が約7枚(1枚5g)と同程度なので、びっくりするほど軽いですね。

こた先生

いや、本当に軽い。一度この軽さを実感して欲しい!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの同梱物

内容物

・イヤホン本体

・チャージングケース

・充電ケーブル(USB-C)

・取扱説明書(日本語対応)

カナル型ではないのでイヤーチップは同梱されておらず、とてもシンプルな構成です。

取説は日本語対応していますし、イヤーチップと耳の相性などを考えなくて良いのはラクですね。

ペアリングさえしてしまえば気軽に使い始めることができます。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの装着感

インナーイヤー型ということもあり、圧迫感がないので非常につけ心地は良いです。

頭を振ってもイヤホンが落ちることはありませんでした。

蒸れることもないので、長時間使用もラクラクこなせます。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのバッテリー持ち

バッテリー持ちはイヤホン単体で5時間ケース込みで最大20時間使用可能です。

最近のイヤホンの中では持続時間が短いですが、5時間以上連続で使用することはそうそうないので問題ないでしょう。

こた

適度に耳を休めるためにも、たまに耳から外して充電しよう!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの音質

14.2㎜の大口径ドライバーを採用しているため、ド迫力のサウンドが魅力です。

密閉感がないので臨場感に欠けると思いがちですが、耳にデカいスピーカーを押し当てているイメージ。

また、LDACで接続することにより、超高音質で音楽を楽しめるのも魅力の1つでしょう。

インナーイヤー型は、ながら聴きがメインで音楽を楽しめない」という概念をブチ壊してくれました。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSのマイク品質

スティック型でマイクが口に近い分、マイク品質は良好だと感じました。

長時間装着しても耳が痛くならない特性を生かして、テレワークでも問題なく使用できるでしょう。

専用アプリ「SOUNDPEATS」について

専用アプリではイコライザーの調整や、ゲームモードのON・OFFを設定できます。

???

イコライザー?なにそれ美味いの?

そんな方は、聴覚テストで自分に合った調整を自動でしてくれる機能も搭載されていますよ。

惜しむらくは、タッチ操作の変更ができないこと。(IOS版)

1回タップで音量の上げ下げができますが、誤タップを気にする方は要注意です。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの価格

Amazonでの通常価格は7,180円と、LDAC搭載機種としては破格のコスパです。

10/22〜10/29まで発売記念として5%OFFのクーポンを発行していただけました!

クーポンコード:A3DHSYTBR9

なんとなんと、商品ページの1,880円クーポンも併用可能で、最終価格は4,941円となります。

10/30よりAmazonタイムセール祭りが開催されるようですが、そこでの割引クーポンの配布はナシとのこと。

おそらく今後を含めても最安クラスです。この機会に検討してみてくださいね。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの気になる点

値段が値段なのであまり文句をつけても仕方がないのですが、どうしても寛容できない点を吐き出します。

指紋がめっちゃつく

ケース表面はツルツルテッカテカなので、指紋がめっちゃつきます。

イヤホンはマットな加工がされているのだから、統一してケースもマット加工にしてくれればよかったのに。

黒ということもありメチャメチャ目立つのは考えものです。

こた

Mini ProとかAir3 Proは指紋が目立たなかったのにナゼだ!

機能性がもう1歩

実はこの機種、Air3→Air3 Deluxe→Air3 Deluxe HSと進化を重ねています。

確実に品質は上がっているのですが(値段も)、ワイヤレス充電やマルチポイント接続がつかない!

特にマルチポイント接続は2022年現在、コスパを争うメーカーがこぞって取り入れている超便利な機能です。

こた

長時間の装着に向いているから、マルチポイントがあると完璧だったな〜!

???

普通は1万円以上の機種に搭載される機能だぞ?ワガママなんだよ!

音漏れする

インナーイヤー型なので当然ですが、普通に音漏れします。

高音質だからといって音をズンズン鳴らしていると、電車などで隣の人に何の曲を聞いているか、イントロドンできるレベルです。

音楽を最大に楽しむときは、1人の空間で。そしてLDACが使える人は爆音で鳴らして楽しみましょう。

???

インナーイヤー型で音漏れ?そんなもん気にすんな!

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの総評

1万円以下でLDACを搭載するという他にはない強みがある商品です。

機能面に少し物足りなさを感じるものの、耳の圧迫感無しで迫力ある音を奏でてくれます。

カナル型は耳が痛くなるけど、臨場感のある音を楽しみたいという方にはピッタリ。

AirPodsは価格という面で敬遠している方は、一度検討してみてくださいね。

今回もありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ継続1年の20代です。

最高月間PVは15,000。
バイヤー経験から価格変動・リセールまで意識してレビュー記事を書いています。

気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次