【aiwa JA2-SMW0001 レビュー】新規参戦のスマートウォッチ!その実力は?

安価でコスパ家電を販売するaiwaから、スマートウォッチやタブレットなどのガジェットが展開されました。

aiwaの製品は安価な割に品質は良いということで、SNSでも期待の声が見られましたね。

しかし、安価な割に性能が高いスマートウォッチは多く、低価格帯で勝負するのはハードルが高い時代です。

今回は発売前にデモ機をお借りして、使用感と性能をレビューさせていただきました。

早速チェックしていきましょう。

メリット
デメリット
  • Bluetooth通話が使える
  • 回転式クラウンが搭載
  • 1.85インチの大型ディスプレイ
  • 血中酸素濃度の自動測定が可能
  • 動きがややニブい
  • 解像度が低め
  • ワークアウト性能はあと1歩

発売前のデモ機をお借りしているので、実際に販売されるものと仕様が異なる場合があります。

目次

JA2-SMW0001のスペック解説

まず目を引くのが1.85インチの大型ディスプレイでしょう。

大きくて見やすいですが、TFTで解像度が低いのでディスプレイの綺麗さはもう一歩。

5,800円という低価格ながら、血中酸素濃度の自動測定Bluetooth通話といったミドルクラスの機能が付いていることはポイントが高いです。

防水性能はド定番の5ATMではなくIP67。防塵性能があるものの、防水性能に過信は禁物です。

こた先生

IP67防水は、防塵・防水の規格のことだよ。
少しの間だけ水に沈んでも大丈夫というのが目安です。

JA2-SMW0001の外観

デザインはスマートウォッチNo. 1の知名度を誇るアイツとよく似ています。

右側面には上から回転式クラウン、マイク、戻るボタンが搭載された完璧なデザインと言えるでしょう。

ディスプレイも1.85インチと大型なので視認性は十分です。

左側面にはスピーカーが搭載され、音楽の再生やBluetooth通話の音はここから出るようになっています。

少し音割れしますが、値段の安さを考えると普通に使えるレベルだと感じました。

背面には各種センサーと充電端子が備わっています。

ベルトは価格相応のシリコン製でホコリがつきやすいですが、ワンタッチで外せるので交換も簡単ですよ。

本体は薄い部類であるものの、ベルト込みで57gと意外にもヘビー級です。

気にならない人は良いですが、ワークアウト時に腕へのずっしり感が少しあります。

付属品は例の如く充電ケーブル日本語の取扱説明書

画像にはありませんが画面保護フィルムが1枚入っていました。(撮り忘れた)

画面保護フィルムがついてくるのは珍しく、ディスプレイの傷が気になる方にとっては嬉しいサービスです。

女性の装着イメージ(腕周り14.5㎝)
男性の装着イメージ(腕周り17.5㎝)

ディスプレイが非常に大きいので、腕が細めの方は少し違和感を感じるかもしれません。

ディスプレイサイズと引き換えに重量があるので、装着感に関しては賛否が分かれそうです。

こた先生

ベルトを変えればもう少し軽くなるかもね。

JA2-SMW0001のバッテリー持ち

公称値のバッテリー持ちは5日間と十分。

機能を詰め込んでいる割にバッテリーは持つように設計されています。

AOD機能はなかったので、2パターンに分けて24時間のバッテリー減少値を計測しました。

ワークアウトなし→27%

ワークアウトあり→33%

※心拍の自動測定ON、睡眠分析ON、血中酸素濃度自動測定ON、通知50件/日程度

GPSが搭載されていないので、ワークアウトでのバッテリー消費が圧倒的に多くなることはありませんでした。

むしろ睡眠分析におけるウェイトが大きく、起床時には10%ほどバッテリーが減ります。

バッテリーを少しでも長く持たせたい場合は、睡眠分析機能をOFFにする必要がありそうです。

JA2-SMW0001のワークアウト性能

スポーツモードは24種類が搭載されています。GPSが内蔵されていない点に注意してくださいね。

ワークアウト性能を総合的に評価すると「まずまず」という改良点が多い結果なりました。

歩数計測

歩数の計測にはオムロンの歩数計を使用しています。

誤差はおよそ20%ほどの開きが出てしまっており、普通に使用するのは厳しいと感じました。

競合他社はローエンドでも±5%以内に抑えてくる傾向にあるので、せめて±10%以内が実用レベルですね。

心拍精度

比較対象には高精度心拍センサーのPolar H10を使用しています。

結論から言うならば、心拍センサーの精度は「そこそこ良い」です。

小〜中強度トレーニング(ウォーキング→ジョギング)

Polar H10
JA2-SMW0001

少しグラフのきめ細やかさが足りない気もしますが、ある程度は追従できていますね。

JA2-SMW0001の最大心拍数は137でしたので、最大心拍数のズレは「5」です。

金額を考慮すると、小〜中強度の精度は十分計測できていると考えて良いでしょう。

高強度トレーニング(100mダッシュ×3→ダウン)

Polar H10
JA2-SMW0001

問題はこちらの高強度心拍トレーニングです。

生半可なセンサーでは急激なアップダウンに対応できず、グラフで山を作ることができません。

結果は見ての通りで、グラフはほぼ横ばいに計測されてしまいました。

よって、心拍測定は小〜中強度の運動が限界ということがわかりますね。

なるべく正確に計測したいのであれば、価格が近いXiaomi Smart Band 7HUAWEI Band 7に軍配が上がりそうです。

JA2-SMW0001のSpO2(血中酸素濃度)計測

標準搭載が当たり前化している血中酸素センサーですが、精度が良くなければ搭載している意味がありません。

初めて発売されたスマートウォッチにも関わらず、精度は±1%以内とかなりの高精度。

手動だけでなく自動測定にも対応しており、いちいち手動で計測する煩わしさがないのは嬉しいです。(測定間隔は10分で固定)

JA2-SMW0001の睡眠分析性能

この日の就寝時間は22:30過ぎ、起床時間は4:00です。

ワークアウトの測定で想定していましたが、心拍センサーの精度がそれなりなので、睡眠分析の精度はもう一歩。

アプリ側も分析結果をもとにしたアドバイスがない簡素な作りなので、アプリのアップデートにも期待したいところです。

JA2-SMW0001の価格

販売は公式サイトのみで展開され、発売記念価格で5,800円とお求めやすい価格帯です。

1つ懸念されるのは、発売記念セール後はいくらになるのかということ。

5,000円以上10,000円以下という価格帯は、Xiaomi Smart Band 7HUAWEI Band 7など、コスパがバグっているスマートウォッチの巣窟です。

こた

無闇に価格を上げないほうが良さそうな気がする。

JA2-SMW0001←をクリックして購入ページをチェック

JA2-SMW0001の気になる点

5,800円のスマートウォッチなのであまり文句は言えませんが、改善すると次回以降はもっと売れそうなポイントを3つほどピックアップしました。

動作がもっさり

回転式クラウンは搭載されているものの、イマイチ反応がニブくて操作がしにくい印象です。

せっかく安価で珍しい機能が付いているのにもったいなく感じます。

早く回転させると空振りしてしまうので、もう少し敏感に動いてくれるといいですね。

ワークアウト性能が低い

計測結果から分かると思いますが、性能が微妙なのでワークアウト機能の意味が薄いです。

どれほど運動したかわかりやすくするために、せめて歩数の精度だけでも上がるといいと感じました。

ディスプレイの解像度が低い

ディスプレイ自体は大型なのですが、いかんせん解像度が低いのが気になります。

文字やアイコンが荒く感じてしまうので、値段は安くとも解像度は高くあるべきだと感じました。

JA2-SMW0001の総評

5,800円にしては血中酸素濃度の自動測定や、マイクとスピーカーなどのミドル級の機能が搭載されている楽しいスマートウォッチでした。

しかし、初めてスマートウォッチを展開するということもあってハードもソフトも荒削りな印象。

ユーザーからのフィードバックを受けて、次回作でどれほど完成度を上げることができるか楽しみですね。

今回もありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブログ継続1年の20代です。

最高月間PVは15,000。
バイヤー経験から価格変動・リセールまで意識してレビュー記事を書いています。

気軽にフォローしていただけると嬉しいです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次